日々

#思考整理備忘録
2018-01-23 03:22:32
学生に関わりたいと思うのはなぜだろう。。

 

高校時代、階段下の“写真部”で誰に教えてもらうこともなく、

見よう見まねの暗室でうっすいネガをつくっては何故だ?と悩み、

ねむいプリントをつくりまた何故だ?と苛立った日々があったからだろう。

 

そのワカラナイは消化されることなく、ワカラナイままだった。

鬱屈した日々だった。

 

写真学科に入って、すでに出来る人たちを前に劣等感を抱いた。

出来ないことが悔しくてくやしくて、何度も何度もできるまでやった。

 

ただ、そこでのワカラナイは分かる者に学ぶことによって、ワカルに変わっていった。

“写真”というものを通じ、皆が個々に向き合い自由に表現していた。

気が楽で、たのしい日々だった。

 

高校時代の学びたい、知りたいと思う欲求と知る術のないもどかしさ、

大学時代の知れたことへの喜びとそれによる苦悩。

 

今現在、この地でそう思っている学生へ、

大それたことは出来ないが、ひとつのきっかけになりたいのだと思う。

2018-01-15 02:27:04
Are you interested?

写真集に興味のない人が興味を持つには、どんなきっかけが必要なんだろう。

もうその感覚を忘れてしまったので、その気持ちに寄り添えない。

だからその「興味ない」を受け入れられるかどうか。

 

 

写真集に興味を持っている人に、どうやって知ってもらえるんだろう。

その人が探している「興味」を見つけて渡して届けたい。

2018-01-13 22:17:49
あの人とこの人がつながっていく不思議と必然
2017-11-28 13:46:01
流るる

こんな風にたのしい時間を何度も共有している人たちとも、

いつかはそのカタチが変わってしまうのだろうか と漠然と思ってしまう。

生活や立場、環境が変わり、自分でも思わぬうちに変わってしまうこともある。

  

変わる関係もあるし、変わらない関係もあるのかなと思う。

さらには変わらないでいたいと思う関係も。

 

変化していく日々の中でなにが正しい選択かなんてわからない。

けれど、また何度もたのしい時間を共有したいと思う人たちを

ぱっと頭に思い描けることは、大切にしたい。

2017-11-11 15:45:38
見たり見られたり

SNSには何でも流れてきてしまう。

でもそれで全部を知った気になるのはどうだろうって思う。

 

会いたくなったら会って「最近どう?」って話せば良いし、

どうしているかなって思ったら、手紙を出せば良いと思う。

 

1 2 3