日々

Event Report
2018-09-23 17:54:19
【展示後記】Exhibition『CirculationDistributionCurrency/contents』

DSC_4247.JPG

 

DSC_4244.JPG  DSC_4246.JPG 

 

8/25(土)〜9/17(月・祝)は、写真家・大野真人(Makoto Oono)と出版社レーベル・RONDADEによる

Exhibition『CirculationDistributionCurrency/contents』でした。

 

今回の展示のキーワードは“体感”。

搬入で、棚や台を動かしていくとお店が新しい顔をどんどんみせてくれました。

展示空間がつくられていくのはとてもワクワクする時間で、

普段自分がどれだけ“これはこう”と決めつけていたのだろうと知る機会でもありました。

 

そして足を運んでくださったお客様が、ビックリされる様子をみるのはなんだかうれしかったです。

空間、写真、本 と見る要素が多いからか、あっちから見たり、こっちから考えたりと

いろんな角度から展示を感じてくれたように思います。

(中央の青いアクリル板が乗っているのは、普段はお店のカウンターテーブルとして使っているのを逆さにしています!)

 

大野さんの写真に対し、大野さんも思っていなかったような視点で見られた方、

わからない…と首を傾げる方、面白いね…と満足そうな方、

一緒に考えたりしながら“写真をみること”を楽しみました。

 

DSC_4255.JPG

 

DSC_4254.JPG

 

そして、今回は写真だけでなくRONDADEさんの本もご覧いただきました。

(この本が置かれている台、よくよくご覧ください。

こちら普段お店の中央に置いている平台を逆さにしているんですよ!)

実際に手に取ってめくってもらうと、「わぁ!」と

何かが開眼したようになる方々も多く、本の見せ方、在り方はとても刺激になりました。

 

42378271_315393485681505_2684301521448861696_n.jpg

 

また、初日には写真家・大野真人さんとRONDADE・佐久間磨さんによるTalk sessionを開催。

写真集をつくったことで広がることがあり、本を通して作家のしたことを追体験できる。

そのために、作家に適切な方法を考えてかたちにしていく。

「本とはこういうものだ」という概念をはずし、あたり前を疑う。。

こんな風に考えて考えてかたちにしていく作業の上につくられた本を

こうして販売できることは、本屋としてとてもうれしいと感じました。

 

大野さん、佐久間さん、足を運んでくださった皆様、

そして撤収をお手伝いいただいたお客様、ありがとうございました。

 

2018-08-14 22:02:52
【展示後記】竹之内祐幸 写真展『The Fourth Wall/New Works』

f3_naikan02.jpg f3_naikan03.jpg

 

7/12(木)〜8/14(火)は、 竹之内祐幸 写真展『The Fourth Wall/New Works』でした。

暑すぎる日々の中、ご覧いただいた皆様ありがとうございました。

 

もう6、7年前の東京時代、竹之内さんと少しお仕事をしたことがありました。

そのときから気になっている写真家さんでした。

昨年、写真集『The Fourth Wall』が刊行され少しした頃、

出版元であるT&M Projectsの松本さんからご連絡をいただき、

写真展を開催できることに!

こうして写真集をみれるだけでなく、写真展も出来るなんて!と

いちファンとしてとても嬉しかったのを覚えています。

 

そして、あっという間に写真展です。

初日の午前に搬入に来てくださって、そこからトークの日まで

数日新潟に滞在されていた竹之内さん。

新潟で撮影した写真がどこかで見れる日が来るのかなぁと思うと、たのしみですね。

 

7/14は、そんな新潟で撮影された写真も少し見せていただきながらトークイベント。

7/15は、T&M Projectsの松本さんによる

「T&M Projectsの本を解剖する」と「ポートフォリオレビュー」。

 

DSC_3726.JPG DSC_3731.JPG

 

作家側ではなく、本をつくる人の話は普段聞くことが少ないので、とても刺激になりました。

竹之内さんの写真集をつくるときのダミー本やデザインサンプルなどもお持ちくださいました。

 

今回の展示は、お客様がじっくりみて写真に惹き込まれている印象がありました。

あと、何度も来てくださった方も。

 

竹之内さん、松本さん、ありがとうございました。

そして、展示にあたりご協力いただきましたPGI様にも感謝申し上げます。

2018-07-17 02:45:39
【展示後記】阿部祐己 写真展『Trace of fog』

DSC_2914.JPG DSC_3715.JPG

 

6/7(木)〜7/2(月)は、阿部祐己 写真展『Trace of fog』でした。

A4サイズもありましたが、うちの展示では初めてA1サイズの作品を展示

(前期/後期で展示替え)しました。

 

どうなるかな…と少し心配していましたが、

意外というか何だかしっくりきました。よかった!

 

長野出身の阿部さんが辿り着いた、地元・長野の霧ヶ峰。

山の長い歴史を考えると、その上に立つ現在は、

霧のように一瞬の日々である。

そんなところに思いを馳せながらじっくり見るのは良い時間でした。

 

 

DSC_2930.JPG 

 

トークでは、展示中の作品がどうやって撮られたのかや、

シチュエーションについてなどをお話いただきました。

さらに、昔の霧ヶ峰のポストカードや地図をお持ちいただき、

ご説明いただきました。

 

展示は、全国を巡回中なのでお近くで開催されている際は

ぜひご覧になってください。

http://www.yu-kiabe.com

 

写真集も引き続き当店で扱っております。

https://booksf3.stores.jp/items/5b23ae0850bbc3679d000ea5

2018-06-26 15:29:23
レポート:6/25(月)「Pâti3 Solange petit voyage en France」

35427381_1732517040202538_8827582833364041728_n.jpg 36319825_1732516936869215_1393142929597399040_n.jpg

 

昨日は楽しみにしていたイベント

「Pâti3 Solange petit voyage en France」でした。

 

平日の日中にも関わらず、お菓子を買いに来てくださったお客様、

夜のイベントにご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

普段のお店の雰囲気とは違い、お菓子を食べお茶を飲む和やかな店内でした。

たまにはこういったコラボレーションもいいですね◎

(開店してすぐやトーク前などはバタバタしてしまい、すみませんでした。。)

この機会にお互いのお店のことを知ってもらえたら嬉しいです。

 

36176939_1305083192956461_806243220626341888_n.jpg 36200239_1305082409623206_6831643438501330944_n.jpg

 

そして、夜はフランスを見て食べて楽しむ会 "petit voyage en France"。

この日のために用意した紙ものにお菓子を乗せて、

それを食べながら、Pâtisserie Solangeのゆうさんの

フランス写真を見ながら四方山話を聞きました。

 

36280159_1305082539623193_3432096254425825280_n.jpg

 

フランス時代のお話を聞くのに、全然時間が足りないっ!

ということで、また次もあるの…か?笑

 

とってもたのしかったので、

また次回お会いできるのを楽しみにしていまーす^^/

 

2018-06-25 02:26:35
レポート:6/23,24【御坊市】

36176041_1729713963816179_3229369326993670144_n.jpg

 

お天気に恵まれた今年の御坊市。例年通り大にぎわいの2日間でした。

みなさま、ありがとうございました!

今年は、本堂での出店となり、よりにぎわいを感じることが出来ました。

 

正直、雑貨や飲食がメインのイベントでは「写真集」は単価も高く苦戦します。。

 

それでもこの機会に小店のことを知ってくださる方や、

SNSなどをフォローしてくださっている方に直接会えたり、

去年もこのシリーズを買って、続きがあるかなと寄ってくださった方や、

普段お店にいらしてくださる方とは違ったお客様に出合えるのも魅力のひとつです。

もちろんいつも来てくださる方々も来てくれました。

 

実際、ブースではじめて手に取った名前も知らない人の本に魅かれ悩んで、

決して安い本ではないものを所有したいと買ってくれることは

ものすごく有難いです。

 

そしてそういう方はきっと今度はお店に来てくれるだろうという感触があります。

イベント出店をきっかけに、「お店に行こう」と思ってくれる人が

1人でも2人でも居てくれたら御の字かなと。

 

あと、普段なかなか店舗に行くことができないでいたお店さんの商品や

お客様がどんなものを求め買っているのかが見えたのも店に居てはなかなか分からないことだなあと。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...