日々

Event Report
2018-10-08 22:14:15
【展示後記】岩根 愛 写真展「新潟・福島・ハワイ 〜写真でつながる150年」

DSC_4329.JPG DSC_4328.JPG

 

DSC_4324.JPG DSC_4315.JPG

 

9/29(土)〜10/8(月・祝)は、岩根 愛 写真展「新潟・福島・ハワイ 〜写真でつながる150年」でした。

短い会期の中でしたが、ご来店いただきありがとうございました。

 

初日は、岩根愛(写真家)+ 伊藤知明(敬和学園大学地域連携コーディネイター)による

オープニングトークでした。

あまり事前情報を入れなかったので、はじめて聴くお話が多く引き込まれました。

岩根さんが何故ハワイの移民を撮りはじめ、フクシマオンドに惹かれたのか。。

ボンダンス、サトウキビ畑で撮られた家族の写真、サーカットのパノラマ写真…

それがどのようにつながっているのか。。

背景を知ることでより写真の持つ意味が深まるなあと感じました。

 

 

そして、実際に曾祖父がハワイ移民という伊藤さんの話。

これは決して遠くの出来事ではないのだなあと改めて感じます。

伊藤さんが私家版で書かれた「ハワイの家族」が何とも胸にきます。

読んだ後しばらくひきずりました。ぜひ読んでほしいです。

少し手元にあるので、ご興味ある方はお声がけください。お渡しします。

 

ハワイ移民について全然知らなかった私にとって、

この展示は知るきっかけになったなあと感じています。

1枚の写真が伝える力、巡る力の大きさを感じました。

 

DSC_4264.JPG DSC_4269.JPG

 

11月刊行予定の岩根さんの写真集『KIPUKA』は只今ご予約を受付中です。

(当店でご予約いただくと特典があります!)

 

また、東京・大阪のニコンサロンにて写真展「KIPUKA」がもうすぐ開催されます。

こちらもお近くの方はぜひ。 

 

あと、写真の町シバタ 2018の企画展として、

「I'm home」と題した岩根さんの写真展を開催中です。

10月6日(土)〜10月28日(日)の土日祝(10月20日(土)休)

金13:00-18:00、土日祝11:00-18:00

金升酒造二號蔵ギャラリー(豊町1-9-30)

 

ご覧いただいたお客様、岩根さん、企画をしていただいた原さん、

ありがとうございました!

2018-09-23 19:58:33
レポート:9/22(土)BOOKS f3 × BarBookBox お酒と写真集を楽しむ bookbar

 

 

42379391_299282037468230_9125703819118772224_n.jpg  42363837_2137434103182202_8256725033401974784_n.jpg

 

9/22(土)は、沼垂テラス夜市に合わせ、小店も特別企画を実施。

BOOKS f3 × BarBookBox「お酒と写真集を楽しむ bookbar」

 

今年7月に古町・BarBookBoxさんで行なった“bookbar”を今回はうちで開催しました。

心配していたお天気も晴れ、気持ちが良いので扉も大きく開いて夕方からの営業。

カウンターにはBarBookBoxの豊島淳子さん。

 

このイベント、まずはお客様から今日の気分や、こんなのが好き など少しヒントをいただいて

私がお客様に見てほしい本を選ぶところからスタートします。

そのあとようやく、淳子さんがどんなのが良いかを聞いて季節のカクテルなどをつくってくれます。

あとはゆっくり本を眺めたり、おしゃべりしながら、おいしいお酒を楽しむだけです。

 

お客様、来てくれるかな…と不安だったのですが、一時は満員御礼状態でした。

 

店内も狭いため、お席譲り合っていただいたり、お待ちいただいたりとありがとうございました。

そして、本来ならもう少しゆったりとお客様と本についてなどお話し出来れば良かったのですが、

説明が不十分だったり、行き届かないところも多く、心苦しく思っております。

 

それでも、みなさんあたたかく「大丈夫だよ」とか「楽しかったよ」など

お声がけくださり、本当にありがとうございました。

みなさんが楽しそうにお話している姿に人知れずじーんとなっていました。

そして、お渡しした写真集もじっくりとご覧くださって、

中にもこれも何かの縁だからとご購入いただきました。

 

 

本当に選んでます?と言われるくらい最速で渡した人もいますが(笑)、

私自身、本を選んでそれを見てもらうというこの企画をとっても楽しんでいました。

 

自分が普段見なかったり選ばない本に出合うきっかけが

このイベントではつくれたのかなと思っています。

 

あ、あと前回準備もそぞろななときにお越しいただいた、

(そのときがBarBookBoxさんもはじめてという)このイベント最初のお客様が

その後も気にかけてくださり、今回も足を運んでくださったんです。お友達と。

なんだかひとつの点がまた次の点を生んだようで、うれしかったです。

 

42504782_536301013461522_6318005516433883136_n.jpg

 

ぜひ、またどちらのお店にもいらしてください。

お待ちしております。

 

一緒にたのしい時間をつくってくださったみなさま、沼垂テラス夜市を準備してくださった方々、

美味しいカクテルをつくって一緒に盛り上げてくれた淳子さん、ありがとうございました。

またやりましょうね^^

2018-09-23 17:54:19
【展示後記】Exhibition『CirculationDistributionCurrency/contents』

DSC_4247.JPG

 

DSC_4244.JPG  DSC_4246.JPG 

 

8/25(土)〜9/17(月・祝)は、写真家・大野真人(Makoto Oono)と出版社レーベル・RONDADEによる

Exhibition『CirculationDistributionCurrency/contents』でした。

 

今回の展示のキーワードは“体感”。

搬入で、棚や台を動かしていくとお店が新しい顔をどんどんみせてくれました。

展示空間がつくられていくのはとてもワクワクする時間で、

普段自分がどれだけ“これはこう”と決めつけていたのだろうと知る機会でもありました。

 

そして足を運んでくださったお客様が、ビックリされる様子をみるのはなんだかうれしかったです。

空間、写真、本 と見る要素が多いからか、あっちから見たり、こっちから考えたりと

いろんな角度から展示を感じてくれたように思います。

(中央の青いアクリル板が乗っているのは、普段はお店のカウンターテーブルとして使っているのを逆さにしています!)

 

大野さんの写真に対し、大野さんも思っていなかったような視点で見られた方、

わからない…と首を傾げる方、面白いね…と満足そうな方、

一緒に考えたりしながら“写真をみること”を楽しみました。

 

DSC_4255.JPG

 

DSC_4254.JPG

 

そして、今回は写真だけでなくRONDADEさんの本もご覧いただきました。

(この本が置かれている台、よくよくご覧ください。

こちら普段お店の中央に置いている平台を逆さにしているんですよ!)

実際に手に取ってめくってもらうと、「わぁ!」と

何かが開眼したようになる方々も多く、本の見せ方、在り方はとても刺激になりました。

 

42378271_315393485681505_2684301521448861696_n.jpg

 

また、初日には写真家・大野真人さんとRONDADE・佐久間磨さんによるTalk sessionを開催。

写真集をつくったことで広がることがあり、本を通して作家のしたことを追体験できる。

そのために、作家に適切な方法を考えてかたちにしていく。

「本とはこういうものだ」という概念をはずし、あたり前を疑う。。

こんな風に考えて考えてかたちにしていく作業の上につくられた本を

こうして販売できることは、本屋としてとてもうれしいと感じました。

 

大野さん、佐久間さん、足を運んでくださった皆様、

そして撤収をお手伝いいただいたお客様、ありがとうございました。

 

2018-08-14 22:02:52
【展示後記】竹之内祐幸 写真展『The Fourth Wall/New Works』

f3_naikan02.jpg f3_naikan03.jpg

 

7/12(木)〜8/14(火)は、 竹之内祐幸 写真展『The Fourth Wall/New Works』でした。

暑すぎる日々の中、ご覧いただいた皆様ありがとうございました。

 

もう6、7年前の東京時代、竹之内さんと少しお仕事をしたことがありました。

そのときから気になっている写真家さんでした。

昨年、写真集『The Fourth Wall』が刊行され少しした頃、

出版元であるT&M Projectsの松本さんからご連絡をいただき、

写真展を開催できることに!

こうして写真集をみれるだけでなく、写真展も出来るなんて!と

いちファンとしてとても嬉しかったのを覚えています。

 

そして、あっという間に写真展です。

初日の午前に搬入に来てくださって、そこからトークの日まで

数日新潟に滞在されていた竹之内さん。

新潟で撮影した写真がどこかで見れる日が来るのかなぁと思うと、たのしみですね。

 

7/14は、そんな新潟で撮影された写真も少し見せていただきながらトークイベント。

7/15は、T&M Projectsの松本さんによる

「T&M Projectsの本を解剖する」と「ポートフォリオレビュー」。

 

DSC_3726.JPG DSC_3731.JPG

 

作家側ではなく、本をつくる人の話は普段聞くことが少ないので、とても刺激になりました。

竹之内さんの写真集をつくるときのダミー本やデザインサンプルなどもお持ちくださいました。

 

今回の展示は、お客様がじっくりみて写真に惹き込まれている印象がありました。

あと、何度も来てくださった方も。

 

竹之内さん、松本さん、ありがとうございました。

そして、展示にあたりご協力いただきましたPGI様にも感謝申し上げます。

2018-07-17 02:45:39
【展示後記】阿部祐己 写真展『Trace of fog』

DSC_2914.JPG DSC_3715.JPG

 

6/7(木)〜7/2(月)は、阿部祐己 写真展『Trace of fog』でした。

A4サイズもありましたが、うちの展示では初めてA1サイズの作品を展示

(前期/後期で展示替え)しました。

 

どうなるかな…と少し心配していましたが、

意外というか何だかしっくりきました。よかった!

 

長野出身の阿部さんが辿り着いた、地元・長野の霧ヶ峰。

山の長い歴史を考えると、その上に立つ現在は、

霧のように一瞬の日々である。

そんなところに思いを馳せながらじっくり見るのは良い時間でした。

 

 

DSC_2930.JPG 

 

トークでは、展示中の作品がどうやって撮られたのかや、

シチュエーションについてなどをお話いただきました。

さらに、昔の霧ヶ峰のポストカードや地図をお持ちいただき、

ご説明いただきました。

 

展示は、全国を巡回中なのでお近くで開催されている際は

ぜひご覧になってください。

http://www.yu-kiabe.com

 

写真集も引き続き当店で扱っております。

https://booksf3.stores.jp/items/5b23ae0850bbc3679d000ea5

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...