お知らせ

2017-06-29 19:11:00

今年も上半期がおわりましたね。

みなさんにとって、どんな半年だったでしょうか?

お店では、今後も色々とイベントが続きます。

 

◆7/1(土)しばた寺びらき

新発田にある9つのお寺を中心とした寺町に、色々なモノやFOODが集まります。

イベントは、7/1、2(土、日)の2日間ですが、小店は1(土)のみ出店となります。

「託明寺」にてお待ちしております。

※その為、沼垂の店舗はクローズさせていただきます。

 

◆7/2(日)沼垂テラス朝市

毎月第一日曜日恒例、朝市です。

今年は、蒲原まつりと同じ日なので、どちらもぜひ楽しんでくださいね。

その為、沼垂界隈の駐車場が混雑します。

公共交通機関をご利用いただくか、駅の近くなどに停めるなど、ご留意ください。

 

◆7/6(木)〜7/31(月)【松谷友美 写真展『六花』

 

◆7/16(日)【松谷友美 アーティストトーク】

1830開場 1900~2030

定員:20名 参加費:1,000円(飲み物付) 会場:BOOKS f3 

申込:https://goo.gl/forms/ACKDamBd0p5a0tTf1

 

その他、なにか決まったことやお知らせは随時お知らせします。

8月もイベント目白押しです!チェックしてくださいね。

 

2017-05-22 13:48:00

緊急決定!

昨日、橋本照嵩さんの展示にいらしてくださった、

須藤鈴子さん。

 

須藤さんは、「越後瞽女唄・葛の葉会」という瞽女唄を継承する

グループのメンバーで、小林ハルさんの指導を受けた竹下玲子師匠のもと、

唄の公演会などを行なっていらっしゃいます。

 

橋本さんの写真が飾ってあるこの場で唄いたいとおっしゃってくださり、

この度、唄を聴いていただく場を設けました!

 

2017年5月28日(日)

13:00 開場、13:30~、定員20名、参加費500円。

※電話(025-288-5375)、メール(info@booksf3.com)、店頭にて事前の申込をお願い致します。

 

こういう機会はなかなかないので、ぜひ瞽女唄を聴きにきてください!

 

(写真は今年の妙音講のときのものです)

2017-05-05 13:53:00

GWを楽しんでいますか?

お天気も良くて気持ちのいい日が続いていますね。

 

来週、5/13、14(土、日)は、

群馬の前橋で行なわれる「敷島。本の森」というイベントに出店します。

敷島公園とフリッツ・アートセンターで開催する、本を楽しむイベントです。

誠光社・堀部さんのトークイベントなどもあって、

1日ゆっくりたのしんでいただけそうです。

 

群馬への出店ははじめてなので、ぜひお近くの方は

遊びにいらしてください^^

 

会場でお会いできるのを楽しみにしております◎

 

 

2017-04-28 15:18:00

明日からGWという方もいらっしゃるのでしょうか?

お天気もほとんど良さそうで、お出かけ日和ですね◎

 

【GWの営業日と時間のお知らせ】

4/29(土)通常営業 13:00-20:00

4/30(日)通常営業 13:00-20:00

5/ 1 (月)通常営業 13:00-20:00

5/ 2 (火)定休日

5/ 3 (水)臨時営業 13:00-20:00

5/ 4 (木)通常営業 13:00-20:00

5/ 5 (金)通常営業 13:00-20:00

5/ 6 (土)通常営業 13:00-20:00

5/ 7 (日)通常営業 13:00-20:00

 

5/8以降、通常通りの営業となります。

その他、時間の変更などありましたら、随時お知らせいたします。

ぜひ遊びにいらしてください^^

 

なお、5/13,14(土、日)は県外へのイベント出張のため、

店舗の営業はお休みとさせていただきます。ご注意ください。

イベントはこちら→敷島。本の森

2017-04-23 15:36:00

18136191_1302444556543124_237793489_n.jpg 18110880_1302444549876458_1194028524_n.jpg

 

『a letter from BOOKS f3』vol.2 完成しました!

レターフロムは、BOOKS f3が偶数月下旬に新潟のことや本を紹介する紙ものです。

新潟から新潟の人へ、新潟から県外の人へ、

新潟の人やものに興味を持ってもらいたいと思い、つくっています。

知らない作家のインタビューを読むと親近感がわいて、ちょっとこれから応援したくなったり、

行ったことなかったお店に思いきって行ってみようかなとなったり、

そんな小さな反応が街に起こったらうれしいです。

 

毎回その作家に合わせ、写真サイズや枚数、

「a letter from BOOKS f3」の表記や中面のフォントを変えています。

デザインの打合せは、毎回とてもワクワク。

デザイナーさんたちも毎度すごく悩んでいいものをと提案してくれます。

たったA3の紙1枚かもしれませんが、そこにぎゅっと想いをつめこんでいます!

 

vol.2のカバーとインタビュー、裏面のカレンダー(5.6月分)は、新潟在住の遠藤龍さん。

その他、写真集を4つ紹介していたり、新潟のオススメのお店を紹介したりしています。

100円にて、店頭、WEBSTOREで販売中。

どうぞお手に取ってご覧ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...