お知らせ

2018-03-01 20:56:00

ango_press7p_jp_170823_[13].jpg

©︎Sakiko Nomura  

 

野村佐紀子×町口覚 トークショー
日時:2018年3月11日(日)
時間:15時半開場 16:00〜17:30
定員:20名 ※定員に達した為、募集を締め切らせていただきます。
参加費:1,500円
申込フォーム:https://goo.gl/forms/A5VDUqzMhLWeK8jD2

写真集『Sakiko Nomura: Ango』(写真:野村佐紀子×言葉:坂口安吾「戦争と一人の女」【無修正版】)の発売を記念し、4/13(金)~5/13(日)に砂丘館にて開催される、野村佐紀子写真展「Ango」新潟展に先駆け、写真家・野村佐紀子氏と同写真集のデザイナー兼パブリッシャーである町口覚氏によるトークイベントを開催!
写真家とアートディレクターが各々の立場からみた、この写真集が出来るまでを中心にお話いただきます。写真家やアートディレクターの思考にふれる時間になればと思いま

 

 

野村佐紀子(のむら さきこ)/写真家

1967年山口県下関市生れ。1990年九州産業大学芸術学部写真学科卒業後、翌年より荒木経惟に師事する。1993年初の個展「針のない時計」を開催以降、東京を中心にヨーロッパ、アジアでも精力的に個展・グループ展を行い高い評価を得ている。2013年、写真集『NUDE/A ROOM/FLOWERS』でさがみはら写真新人奨励賞受賞。2015年、フランスにて開催された日本人アーティスト8 名によるグループ展「Another Language」展(アルル国際写真フェスティバル)に出展、世界中の人々より称賛される。2017 年、写真集『もうひとつの黒闇 Another Black Darkness』で写真の町東川賞新人作家賞受賞。現在、今後の活躍がもっとも期待される写真家のひとり。主な写真集に『裸の時間』(97)、『愛の時間』(00)、『黒猫』(02)、『夜間飛行』『黒闇』(08)など。

 

 

町口覚(まちぐち・さとし)/造本家

1971年東京都生れ。デザイン事務所「マッチアンドカンパニー」主宰。森山大道、蜷川実花、大森克己、 佐内正史、野村佐紀子、荒木経惟などの写真集をはじめ、映画・演劇・展覧会のグラフィックデザイン、文芸作品の装丁などを幅広く手掛け、常に表現者たちと徹底的に向き合い、独自の姿勢でものづくりに取り組んでいる。2005年、自ら写真集を出版・流通させることに挑戦するため、写真集レーベル「M」を立ち上げる。同時に、写真集販売会社「bookshop M」を設立。2008年より世界最大級の写真の祭典「PARIS PHOTO」にも出展しつづけ、世界を視野に日本の写真集の可能性を追求している。2009年・2015 年に造本装幀コンクール経済産業大臣賞、2014年東京 TDC 賞など国内外の受賞多数。